茶トラ猫テニス

30代半ばからテニスを始めた初級者テニスプレイヤーの日々

ヨネックスEZONE98のラケットレビュー(大坂なおみさん使用モデル)

f:id:chatoracat:20181021003802p:plain

以前、フリマアプリでラケットを下取りに出した話を書きましたが、その流れでヨネックス(YONEX)の「EZONE 98」のラケットを購入しました。

f:id:chatoracat:20181020011822j:plain

このラケットは、BNPパリバ・オープンを制覇した「大坂なおみ」選手が使っていることでも有名ですね。
その後、全米オープンも優勝する活躍をみせています。

男子ではオーストラリアのキリオス選手が使っています。

フリマアプリでラケットを売りに出した時の記事はコチラ。

tennis.saratoga.jp

早速ですが、気になるラケットの基本スペックを紹介していきます。

全体的に流行の黄金比率に近い構成となっていますが、以前使っていたバボラのピュアドライブと少しずつ数値は違います。

色はブライトブルーが断然カッコイイですが、予備で 2 本目を持つならライムグリーンもアリかなという感じです。

EZONE98のスペック

フェイス面 98インチ
重さ 305グラム
バランス 315ミリ
フレーム厚 24ミリ
ストリングパターン 16×19
カラー ブライトブルー、ライムグリーン

これまではフェイス面が 100 のラケットを使ってきたので、初めて少し小さめのフェイス面のラケットにチャレンジすることになります。

実際にヨネックスが公開している推奨プレイヤーも、男女とも中級以上となっています。

初級レベルのプレイヤーでも扱えるのか、実際に使ってみて感じたことを紹介したいと思います。

レビューってほどラケットについて語れないので、その辺はご了承くださいm(__)m

EZONE98を選んだのはデザインだったりします

EZONE シリーズは他のラケットに比べてスイートスポットが大きいのが特徴なので、フェイス面が 98 でも 105 に匹敵するスイートスポットの領域があります。

初級レベルの自分に 98 のフェイス面はまだ早いと思っていましたが、スイートスポットの大きさでカバーしてもらえるならと細身のデザインが気に入った 98 の方を購入することにしました。

初級者なら「EZONE 100」の方が選択肢として考えられますが、ラケットの見た目がすごく大きく感じたことと、フレームが厚めで重々しく感じたので今回は候補としませんでした。

ちなみにフェイス面に比べてスイートスポットが大きいのは、ヨネックスのラケット構造(アイソメトリック形状)によって支えられている技術です。

スイートスポットが大きい分パワーも期待できるのですが、どちらかというとコントロール重視のラケットのようです。

EZONE98と相性のいいガットを張る必要はない

ヨネックスからは推奨のガットが 3 つ公表されていて、大坂なおみ選手はこの中の「レクシス」と「ポリツアープロ」をハイブリッドで張っています。

  • レクシス(ナイロン)
  • ポリツアープロ(ポリ)
  • ポリツアーファイア(ポリ)

私もポリツアープロを愛用していたのですが、週 1 テニスプレイヤーにポリガットはオススメしないという話もあり、このラケットの購入タイミングからナイロンガットに変更しました。

ただ、レクシスではなく、ポリツアープロのフラッシュイエローが気に入っていたので、同じヨネックスのエアロンスーパーのイエローを使っています。

推奨ガットやストリングのテンションなんてものは、初級レベルの自分にはわからない領域なので、自分が気に入ったものを使えば OK ですね。

EZONE98の反発力と威力

EZONE に変えたタイミングでナイロンガットにしたこともあり、ポリガットを使用していたピュアドライブとの比較はしにくいのですが、ボールの飛びは少なくなった気がします。

ピュアドライブの時は、ポリガットでテンション強めにしてもアウトが多かったのですが、EZONE はナイロンガットでテンションを少し下げてもラケットの性能で飛びすぎると感じるアウトは少なくなりました。

明らかに自分のミスだとわかるアウトはたくさんありますけどね・・・。

一般的にナイロンガットの方が良く飛ぶと言われますので、その理論からいくと反発力はやはりそこまで大きくないのかもしれません。

打球の威力については、こちらもガットの素材が違うので一概には言えませんが、ピュアドライブの時ほどの強さは感じません。

どこかのタイミングでポリガットを張って比較してみようと思っていますが、まずはスイートスポットで綺麗にボールを仕留められるように頑張りたいと思います。

まとめ

EZONE 98 を使った感想を書いてみましたが、まだ数回しか使っていないので良さはわかっていないのが本音です。

これまでのフェイス面 100 のラケットに比べるとスロート部分(Y字)が細いので、左手で支える時の感覚が大きく変わったなという感じです。

ラケットは細身ですが、重量がそれなりにありバランスもトップヘビー寄りなので、上手く力を伝えられればラケットの力を活かして威力のある球が打てそうなイメージはあります。

下半身を使って打てるように精進していきたいと思います。