茶トラ猫テニス

30代半ばからテニスを始めた初級者テニスプレイヤーの日々

テニスでストロークラリーを長く続ける方法

f:id:chatoracat:20181021005235p:plain

ストロークラリーが長く続くとすごく楽しくないですか?

しかも山なりのボールじゃなくて、ラケットを振り切って音のいい打球が飛び交うラリーです。

しかし、初心者同士がラリーをすると、球が左右に散らばったり中途半端にボールが浅くなったり深くなったりして、すぐにラリーが途絶えてしまいますよね。

でも、少しポイントを押さえるだけで安定したストロークになる秘訣があります。

今回は、ラリーを長く続けるためのテクニックをお伝えします。

ラリーは相手がいるから難しい

安定したストロークのポイントは以前もお伝えしましたが、これはコーチからの手出しやラケット出しのシーンをイメージしたものになります。

tennis.saratoga.jp

しかしラリーの場合は相手とボールを打ち合うため、お互いに相手からどんなボールが返ってくるか予測ができません。

相手が初心者の場合はまともにボールが返ってこないかもしれませんし、上級者の場合はキレイなボールが返ってくるので、自分がミスったら相手に迷惑を掛けてしまうというプレッシャーを感じてしまうかもしれません。

でもどうせミスをするなら、中途半端なスイングをするよりもラケットを振り切ってミスした方がマシですよね。

まずは、その意識から改革していきましょう。

自分もそうですが、相手のミスは意外に気にならないものです。

自分がボールを打った後の動作

あなたの打った球が勢いよく相手コートに飛んでいきました。

しかも相手のコートのサービスラインとベースラインの間で落ち、相手が返球しやすいベストショットです。

この時、あなたは何をしていますか?

「あっいい球が打てた!良かった」

「打球も速いし相手はまともに返せないかも」

「さて、相手はどんな球を返してくるかな?」

なんて呑気なことを考えていたら、この時点で大きな過ちを犯しています。

例え自分がどんなにいい球を打っても、万が一ミスショットをしたとしても、相手のことをボヤっと見ているだけではいけません。

次の相手からの返球に対して自分がすぐに動ける準備をしておく必要があるのです。

喜ぶのも申し訳ないと思うのも、ラリーが途絶えた時だけにしましょう。

ラリーが続いている限りは、自分がボールを打った瞬間から次の打球に備えておくことが大切です。

相手が打つのを待っている余裕はないですから、一度ラリー中の自分の動きを確認しておきましょう。

正しくスプリットステップできてますか?

相手からの返球に備える際、スプリットステップをすることは知っている人も多いですよね。

テニスのレッスンで具体的に教わる機会はなかなかないのですが、学生の頃にテニスを経験している人は自然に身に付いている人が多い印象を受けます。

このスプリットステップに正解はないのですが、独学で覚えた方の中には間違った覚え方をしている人がいます。

まあ、私もその 1 人なんですけどね・・・。

スプリットステップの一番の目的は、相手からの返球に対して左右前後のどの方向にも移動しやすく準備をするものです。

少しだけ体を真上に浮かして着地と同時に動きたい方向へ移動します。

しかし、とりあえずジャンプしておけばいいやと勘違いしてしまっている人もいます。

スプリットステップは相手がボールを打った瞬間にフワっと体を浮かしますが、浮かした時も着地した時も体重が掛かっていない無重力に近いのが理想です。

そうじゃないと、次の第一歩が素早くできませんからね・・・。

テイクバックが遅い

ラリーが 2,3 回続くと意識が薄れていくのがテイクバックです。

最初の相手の反応をじっくり見てしまうことにも絡むのですが、反応が遅れる時はテイクバックも遅くなっていることが多いです。

振り遅れたり、相手の球に押されてるって感じた時は意識的にテイクバックを早めてみましょう。

テイクバックを早めることで遅い山なりのボールが待ちきれなくなるリスクもありますが、そこは左手を上手く使うことでカバーできます。

左手の使い方はまた別の機会に書いてみたいと思います。

まとめ

ラリーが少しでも長く続けられる方法を紹介してきました。

上手くいかない時に少しでもポイントを思い出してみましょう。

打った瞬間から次の打球に備える

スプリットステップは無重力で

テイクバックを意識的に早くする

ストロークの練習と繋がるものも多いですが、ラリーとの大きな違いは相手がいることです。

相手からの返球がどんな球でも、同じリズムで対応できるようになるとラリーが長く続いていくハズです。

ラリーが続くと体力的にしんどい部分もありますが、それ以上の気持ち良さも味わえますからね。