茶トラ猫テニス

30代半ばからテニスを始めた初級者テニスプレイヤーの日々

テニス初心者でアウトが多くなってしまう原因と対策

f:id:chatoracat:20181021003613p:plain

皆さんはテニスのレッスンに参加する際に、課題を持って取り組んでいますか?

私は最初の頃は何も考えずにレッスンに臨んでいましたが、最近は何か 1 つは課題をもってレッスンに出掛けます。

っと言いながらも、課題を常に意識できているかというとできていないのが現実です・・・。

今回はストロークでアウトが多くなってしまう課題をベースに、どこに気をつけて取り組めばいいのか一緒に考えていきましょう。

課題を忘れてしまうパターン

例えばストロークで、ボールをインパクトの直前まで見て打つという課題を持っていたとしましょう。

多くのスクールでは、レッスンの序盤はコーチの球出しでストロークをすることが多いと思います。

ストロークの課題であれば、球出しの時は課題を意識したまま取り組めていることでしょう。

課題に対するアプローチが上手くいっているかどうかは別として・・・

しかし厄介なことに、この課題を克服するための取り組みが吹っ飛んでしまう場面があります。

課題に対するアプローチが上手くいかないとき
練習メニューがボレーなどに切り替わったとき
ラリーが数回続いて力が入ってきたとき

そのレッスンは捨ててでも貫き通す

課題を克服するための作戦が上手くいかなかった場合は、諦めて次のことを考えてしまいがちですが、ここを貫き通せるかどうかは大きなポイントです。

短時間で克服できるような課題かどうかわからないですし、中途半端になるよりは、そのレッスンの間だけは自分が信じた道を突き進むのはアリだと思います。

途中でコーチに別の指摘をされても、ネットやアウトやコントロールミスをしまくっても、みんな自分のことで必死なので他の人に気を使う必要はありません。ボールを最後まで見て打つことだけに集中しましょう。

練習メニューが切り替わった時に課題を忘れてしまうケースですが、こちらは再度ストロークを打つ場面で思い出せるかどうかが重要です。

ボレー練習やサーブ練習の時間帯は気楽な気持ちでやり過ごし、ストロークに全力投球しましょう。

まあ、そんな日に限ってボレーやサーブがメインのレッスンだったりするんですけどね(笑)

しかし、課題が「ボールを最後まで見る」ということであれば、ボレーやサーブにも共通する部分があるので意識は抜けにくいと思います。

ラリーが数回続いた時にボールを最後まで見ることを忘れてしまう場合ですが、相手のボールを返すのに必死になるのでこれは仕方がないと思います。

ラリーが数回続くということは上手くボールにコンタクトできているということなので、ミスをした時に改めて思い出せたら大丈夫。

アウトを減らす課題に対する取り組み

ここまでは「最後までボールを見て打つ」というシンプルな課題について話をしてきましたが、ここからが本題です。

アウトが多くなる原因は様々ですが、初心者に多いのがラケットを振り切ってない場合です。

思い切り振ると遠くへ飛んでいってしまうというイメージが強いので、ミスを減らそうとラケットを途中で止めてしまう人が多い気がします。

実はラケットを振り切った方が最終的に面が下を向くのでアウトをする可能性は減ります。

もちろんインパクトの瞬間にラケットの面が上を向いていたら別ですけどね。

地面と水平にラケットを振っていれば、絶対に振り切った方が良い結果に繋がります。

ラケットを途中で止めてしまうと手打ちになり、逆にラケットの面も斜め上を向きやすくアウトが多くなってしまうのです。

アウトやネットが怖くても、ラケットは振り切ることを心がけてみましょう。

振り切るといっても、チャンスボールを強く叩く場合と相手コートにコントロール重視で返す場合とでは状況が異なりますので、力加減やスイングスピードは調整してくださいね。

振り切ることでネットが怖い場合

上記にも書きましたが、ラケットを振り切ることでネットが多くなるという人もいますよね。

それで余計に振り切れなくて、アウトしたり浅いボールが多くなったり・・・。

インパクトの瞬間の面の向きも問題なく、ラケットを振り切っているにも関わらずネットしてしまう場合は、また別の問題が潜んでいる可能性が高いです。

私の経験上、以下の 2 つについて何度も指摘された記憶があります。

打つ時に体(足)が浮いてる
体が早く開いてしまっている

どちらも原因は似ていますが、要は打つ時の重心がしっかりしていないということです。

膝を少し曲げて体重を地面に対してかけることで重心がしっかりします。

この状態で左手を使いながらスイングしていくと、体が前にノメったり体の開きを抑えて打つことができます。

ネットミスが増えた時は、重心を意識して見るといいかもしれませんね。上半身だけで打っている時に陥りやすい罠です。

まあ、すべて自分の課題なんですけどね(笑)

まとめ

アウトが増える原因や課題に対する取り組みについて紹介してきました。

初心者のうちは課題が多くてあれもこれもという状況になりがちですが、逆に課題だと感じることができている時点で大きな進歩だと思います。

コーチによってアドバイスが異なることが多いので迷うこともあると思いますが、調子が良かったレッスンの時に何が良かったのか振り返りをしてみて、不調になった時に少しでも早く軌道修正ができるようになるといいですね。

調子が悪い日の方が反省したり悩んだりしがちですが、調子のいい日こそ得るものが大きいので、ルンルン気分でその日を終わらせないでおきましょう。