茶トラ猫テニス

30代半ばからテニスを始めた初級者テニスプレイヤーの日々

テニスのストロークでボールを打った後に必ず心掛けること

f:id:chatoracat:20181021001854p:plain

自分が打ったボールが相手コートに返るとき、その打球の良し悪しによって勝手に結果を決めてしまっていませんでしょうか?

「強くて速いストロークが打てたから決まるだろう」

「強烈なファーストサーブが枠に入ったからサービスエースだ」

「ダフってヘロヘロな球だから相手に決められちゃうかな」

特に初心者の多くは、自分がいいボールを打つことに必死です。

結果、相手から強烈なリターンが返ってきても、相手がミスってチャンスボールが返ってきたとしても、自分の打った最後の打球に意識がいきがちです。

これではこの先、上級者と練習や試合をする時に明らかな差が出てしまいます。

ここではボールを打った後にするべきことを紹介します。

これを意識すれば、仲間に差を付けることができますよ。

ボールを打った後にこんなことしてませんか?

ボールを打った後、皆さんは何をしているでしょうか?

「その場でボールの行方をずっと追っている」

なんてことはないですよね?

今、ギクッとしたあなたは要注意です。

例えベストショットを打っても相手が返してくる場合がありますし、ミスショットをしても相手がさらにミスをして自分にチャンスが巡ってくる場合もあります。

いい球が打てたらそれに酔いしれたい気持ちはわかります。

相手が取れなくてポイントが決まればヨッシャーって喜びたくなりますからね。

逆にミスをしたらしまったと思って、相手のリターンを消極的に待つこともあるんじゃないでしょうか。

ただそれらは、ポイントが決まるまでは我慢しましょう。

ボールを打った後にすべきこと

いい球が打てても打てなくても、次にすべきことは同じです。

相手からのボールに備えることです。

いい球が打てれば、相手から弱いボールが返ってくる可能性が高いですし、チャンスボールを与えてしまったら強くて厳しいコースに返ってきます。

どちらにしても、自分が次の球にしっかりと対応するのに変わりはありません。

よって、自分がボールを打った後は、ポジショニングを確認して相手からの返球に備えた準備をします。

自分がサイドライン側に振られていたならコートの内側に寄っておきますし、深いボールに対応していたなら少し前に戻ります。

そして相手の打ち方を見ながら、次の打球に素早く反応できるように姿勢を保っておきます。

相手の球がどうであろうと、次の第一歩が重要です。

癖をつけないとできない

これが当たり前にできるようになってくると、同じテニス歴のライバルたちと少しずつ差がついてきます。

「あいつ最近上手くなったな」とか、「変なミスしなくなったな」っと周りの目も変わってきます。

次の打球に備えることで、いい球が打てる確率が上がりますし、ミスも大きく減ると思います。

また、一打一打に対して同じリズムで挑めるので、体力的にも筋力的にも負担が減ります。

っとここまで当たり前のように話してきましたが、実は私も毎回これを実践できているわけではありません。

自分の中で最高のショットが打てたら、それが嬉しくて余韻に浸ってしまうことは今でもあります。

しかし相手がそのベストショットを返してきて、慌てて対応させられることで不利になるパターンです。

最初は課題を意識して取り組んでいるのに、ラリーが何球か続くとプレイに必死になって忘れていたりするんですよね。

癖になるくらい常に意識していくことが重要です。

技術を伸ばすことだけが上達の近道ではない

最初の頃は、まずは自分がいいショットを打つことで必死です。

テニスの悩みも多くがストロークやサーブのことだと思います。

しかし、残念ながら技術的な悩みは短期間で解決しないものが多いです。

そうなると成長が止まっているようでテニスも楽しくなくなってきますよね。

ただ今回のように、技術と関係のない部分を伸ばすことで、ストロークは不調なのに上手くなっているという良い循環を感じることができます。

この良い流れの中で、技術的な課題に取り組んでいけばさらなる飛躍が待ってますよ。

まとめ

今回の話の中で、重要なポイントは以下の通りです。

  • 自分が打った球に一喜一憂しない
  • 相手のリターンに常に備える
  • これらを癖付ける

癖をつけるのは時間がかかって難しいですが、とにかくやってみて良い感覚を多く味わうことが近道です。

数回やってみて、しっくりこないからやめようでは癖付けることはできません。

スクールだと練習メニューに左右されるかもしれないので、コーチとラリーやボレスト(ボレー&ストローク)をする時だけでも実践するとか、毎回頭の片隅に次の打球に備える意識を持っておけるといいですね